転送速度はなぜビット表記か(MBs・bps)

転送速度を表すのにbps、MBs、もしくはB/sという表記がよく使われます。

どちらも1秒あたりどれだけのデータ量を転送できるかという転送速度を表すものです。

  • bpsは単位がbit(ビット)
  • Bpsは単位がB(バイト)

大文字のBがバイトで小文字のbがビットです。

フレッツ光などで同じみの1Gbpsとは1秒で1Gb(1ギガビット)を転送できます。昔に比べて速くなったと感じますが、これって不思議に思わないでしょうか?

なぜなら単位はビットですよ?ビットという単位を日常で使いますか?

byte

ファイルのサイズでは通常バイトを使います。写真でも動画でも音楽でも○MB(メガバイト)、○GB(ギガバイト)と呼んでいます。○Mb(メガビット)とはいいません。でもなぜか転送速度はビットがスタンダードになっております。

「フレッツ光は1Gbpsです。速いでしょう?」と言われてもピンときません。1Gb(ギガビット)は125MB(メガバイト)なので、フレッツ光はバイト単位でいうと125MBps(125B/s)の転送速度です。(理論値なので実際はもっと遅いですが)

このように転送速度はバイト単位で表記した方がわかりやすいはずです。それでもビット単位で表記するのは、単純に1Byte=8Bitとならない場合があるためビットで表示した方が正確だという側面があります。例えば1Byte=10Bitで転送するシステムがあった場合、通常の1Byte=8Bitバイト単位で換算してしまうと正確ではありません。なのでビット単位で表記するわけです。

また、125MBpsよりも1000Mbpsや1Gbpsと書いた方が速く感じる、つまり錯覚させるというマーケティング的な側面もあるかもしれません。

 

ティークリエイトブログのこの記事が読まれています