LANケーブルのカテゴリーとは

LANケーブルにも規格があり何種類かあります。LANケーブルのカテゴリーの違いとは何でしょうか?

LAN

カテゴリー5(CAT5)

CAT5は以前は最も使用されていたLANケーブルです。100BASE-TXですね。通信速度が100Mbpsと遅いため最近は使用されなくなってきています。

カテゴリー5e(CAT5e)

CAT5eは通信速度が1Gbpsと速く、光回線などでも問題なく使用できます。現在まともに使えるのはこのCAT5e以降の規格です。

カテゴリー6(CAT6)

CAT6はCAT5eと同じく1Gbpsですが、帯域が250MHZです。

カテゴリー6A(CAT6A)

CAT6Aになると速度がさらに10倍となり10Gbpsです。10Gbpsなので次世代の規格です。

カテゴリー7(CAT7)

最新の規格であるCAT7は10Gbpsと速度が同じですが帯域が600MHZを使います。そしてギガビット通信では他のケーブルとの干渉やノイズがネックとなりますが、ノイズ等に強い構造になっております。そのためケーブル外装もシールド化されております。

以上を踏まえて今買うのにベストな選択はCAT6Aです。

CAT7はもちろんよいですがコストパフォーマンスが劣ります。CAT7,6A以外は1Gbpsなので後々買い換える手間を考えると避けたほうがよいですね。通信速度はまたいずれ速くなるのでいまのうちに10Gbpsのケーブルに入れ替えておいたほうがよいと考えます。ケーブルを引き回すのって結構タイヘンですから。

 

ティークリエイトブログのこの記事が読まれています