SQLServer2014のエディションの違いと選び方

SQLServer2014のエディションは3種類あります。

  • Enterprise
  • Business Intelligence
  • Standard

SQLServer2014のエディションに関してはSQLServer2012から変更なしです。この3つのエディションの詳細はMSDNにあります。

ざっくりいうと、

  • Enterprise・・・高セキュリティ、大量データの分析など全ての機能が使える
  • Business Intelligence・・・BIツールが使える
  • Standard・・・通常版

という違いです。

「自社にあったSQLServer2014の最適なエディションはどれか?」が悩みどころですが、必須要件がEnterpriseにしかなければEnterprise、Business IntelligenceにもあればBusiness Intelligence、必須要件がなければStandardという選択になります。「自社の必須要件が何か?」をまず決めた後にSQLServerのエディションを決定するという手順になります。

通常、部門内データベースや中小企業であればStandardがベストです。上位のエディションは高機能すぎてまず使いきれません。Enterprise、Business Intelligenceを選択するのは、「規模の大きな企業の全社的システム」、「セキュリティ要件がシビアなシステム」など、限定されます。

以上、SQLServer2014のエディションの違いとエディションの選択でした。

 

ティークリエイトブログのこの記事が読まれています