Office2010へServicePack2をインストールすると失敗する

Office2010にサービスパック(SP2)をインストールすると失敗するケースがあります。

「このパッケージのインストールが失敗しました」という警告が出るケース。

アップデートをしていて何台かこういったエラーがでたのですが解決しましたのでその方法を。

1.更新プログラムを適用する

まずは更新プログラムを適用します。 →Office 2010 更新プログラム (2011 年 9 月 13 日) について 

こちらをダウンロードしてインストールした後、SP2をインストールするとうまくいきます。

2.Officeを修復する

1をやってもダメな場合はOfficeを修復します。

「コントロールパネル」→「プログラムと機能」→「Office2010」を右クリック→「変更」→インストールオプション「修復」を選んで続行します。 この後、SP2をインストールするとうまくいきます。

何台かこのエラーがでましたが、多くは1で解決しますが、まれに2をしないと解決しない場合もありました。

Office2010のサービスパックのインストールはすんなりといってくれませんね。

 

ティークリエイトブログのこの記事が読まれています