テーブルの列を変更する

Oracleのテーブルのカラム(列)をあとから変更したいケースがあります。テーブルのカラム(列)を変更するにはALTER TABLE~MODIFY~を使います。

テーブルのカラム(列)を変更するSQL

ALTER TABLE table1 MODIFY (column1 VARCHAR(10));

このSQLではtable1テーブルのcolumn1カラムの桁数を5ケタから10ケタに変更しています。注意点としては、変更前の5ケタは記述する必要がありません。あくまで変更後のみを記述します。

Oracleのテーブルのレイアウト(列)を変更するSQLでした。

 

 

ティークリエイトブログのこの記事が読まれています