Oracleの論理バックアップ エクスポート・インポート

Oracleの論理バックアップとしてエクスポート/インポートがあります。expdp,impdpですね。

エクスポート/インポートは4種類のモードがあります。

  • データベース全体
  • 表領域
  • スキーマ
  • テーブル

これら4種類のエクスポート/インポートコマンドは下記の通りです。

データベース全体をエクスポート/インポートする

EXPDP test/pass@orcl DIRECTORY=dp_dir DUMPFILE=dmp_db.dmp LOG=exp.log FULL=Y
IMPDP test/pass@orcl DIRECTORY=dp_dir DUMPFILE=dmp_db.dmp LOG=imp.log FULL=Y

表領域をエクスポート/インポートする

EXPDP test/pass@orcl DIRECTORY=dp_dir DUMPFILE=dmp_file.dmp LOGFILE=exp.log TABLESPACES=tabsp1
IMPDP test/pass@orcl DIRECTORY=dp_dir DUMPFILE=dmp_file.dmp LOGFILE=imp.log TABLESPACES=tabsp1

スキーマをエクスポート/インポートする

EXPDP test/pass@orcl DIRECTORY=dp_dir DUMPFILE=dmp_file.dmp LOGFILE=exp.log SCHEMAS=test
IMPDP test/pass@orcl DIRECTORY=dp_dir DUMPFILE=dmp_file.dmp LOGFILE=imp.log SCHEMAS=test

テーブルをエクスポート/インポートする

EXPDP test/pass@orcl DIRECTORY=dp_dir DUMPFILE=dmp_table.dmp LOGFILE=exp.log TABLES=test.emp
IMPDP test/pass@orcl DIRECTORY=dp_dir DUMPFILE=dmp_table.dmp LOGFILE=imp.log TABLES=test.emp

「DIRECTORY=~」でディレクトリオブジェクトを指定しています。事前にディレクトリを作成しておく必要があります。上記では「dp_dir」になります。ディレクトリオブジェクトの作り方はコチラ

「DUMPFILE=~」ではファイル名を指定します。

「LOGFILE=~」ではログファイル名を指定します。

以上、Oracleのデータを論理バックアップするエクスポート/インポートでした。

 

ティークリエイトブログのこの記事が読まれています