OracleでNOT NULL制約を削除するSQL

OracleでNOT NULL制約を削除するSQLはコチラです。

NOT NULL制約を削除するSQL

ALTER TABLE table1 MODIFY col1 NULL;

NOT NULL制約を削除するにはALTER TABLE MODIFYを使います。上記ではcol1に設定されているNOT NULL制約を削除しています。

以上、OracleでNOT NULL制約を削除するSQLでした。

 

ティークリエイトブログのこの記事が読まれています